近年のリハビリテーション分野におけるロボット開発は目まぐるしい進歩を遂げています。当院においても患者さんの機能改善の可能性を追求すべく最新のロボットマシンの導入を行なっています。

HONDA 歩行アシスト

 HONDA歩行アシストは、患者さんの腰部から大腿部に装着し、股関節(足の付け根の関節)のモーターから生じる力により歩行を支援する装着型装置です。
 股関節部の角度センサーが患者さん自身の歩き方 (歩幅・歩数など)を感知し、「振り出し力」や「蹴り上げ力」を補助することで、快適な歩行を実現します。
 現在、脳卒中・パーキンソン病の患者さんを中心に使用しています。

 さらに詳しく知りたい方はこちら HONDAホームページ <歩行アシスト> まで

 

 

ウォークエイド

 歩行神経筋電気刺激装置ウォークエイドは歩行に合わせて腓骨神経を電気刺激することで足関節の背屈を補助し、中枢神経障害による下垂足・尖足患者様の歩行を改善します。
 「脳卒中治療ガイドライン(2015年)」においても推奨グレードBの治療法として掲載されている機能的電気刺激で、筋再教育、廃用性萎縮の防止・抑制、関節可動域の維持・増加、局所血流量の増加により、患者様の歩行能力の向上を目指します。

 さらに詳しく知りたい方はこちら ウォークエイドホームページ <ウォークエイド> まで

IVES(アイビス)

 「随意運動介助型電気刺激装置アイビス」は、脳からの運動指令によって生じる筋肉の電気信号を読み取り、さらにその電気信号を補強して麻痺のある筋肉に電気刺激を与えることで筋肉の活動を増幅します。「脳卒中治療ガイドライン(2015年)」の上肢機能障害に対するリハビリテーションにおいて、推奨グレードBの治療法として中等度の麻痺筋に対し電気刺激の使用が勧められています。 

 さらに詳しく知りたい方はこちら IVES アイビスホームページ <アイビス> まで