患者さんの権利章典

 私たちは、患者さんのかけがえのない命と人間性を尊重し、温かい心で安全かつ質の高い医療を提供するために、「沼田脳神経外科循環器科病院 患者さんの権利章典」を定めます。
 この「患者さんの権利章典」は、病院職員が自らを律し、また闘病の主体者である患者さんが医療情報を共有し、生命や健康・福祉を妨げるあらゆる問題を、私たち医療従事者と力を合わせて克服していくために定めたものであり、私たちは真の患者さんの立場に立った医療を実践すべく日常医療に活かします。


患者さんの権利と責任

  • 患者さんは、尊厳を持って対応される権利があります。
  • 患者さんは、担当医師から自らが理解できる言葉でその診断、治療、および予後に関する情報を得る権利があります。
  • 患者さんは、担当医師から医療処置・治療行為の開始前に、同意するに十分な情報を得る権利があります。
  • 患者さんは、治療方法などを自らの意思で選択・拒否する権利と、別の医師などの意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  • 患者さんは、プライバシーを尊重される権利があります。
  • 患者さんは、平等に治療を受ける権利があります。
  • 患者さんは、受けた治療や医療費、及び公的援助に関する情報を知る権利があります。
  • 患者さんは、医療内容等について苦情や意見を述べる権利があります。
  • 患者さんは、自分の診療記録の開示を求める権利があります。
  • 患者さんは、自らが医療従事者と共に力を合わせてこれらの権利を守り発展させる責任があります。