カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)

アブレーションイメージ

 カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)とは、不整脈の原因となる心筋の部位を高周波により変性させ、不整脈を根治する治療法です。
 カテーテルの挿入は、標準的には大腿静脈と内頸静脈から行い、症例によって(左心系に病変がある場合)大腿動脈を追加します。

 

主な適応疾患

  • 発作性上室性頻拍(PSVT)
  • WPW症候群
  • 心房粗細動
  • 心室頻拍

電気生理学的検査

 電気生理学的検査によって不整脈のメカニズムを調べ、アブレーションを行なう至適部位を探し治療を行ないます。

  1. 異常細胞の自動能
  2. triggered activity (撃発活動)
  3. リエントリー

 治療を行う場合、Ⅰ・Ⅱは異常な興奮を起こす病変部を、Ⅲではリエントリー回路を断ち切る部位を標的にします。

パンフレット

『カテーテルアブレーション』のパンフレット(PDF)はこちらをクリックしてください。

お気軽にお問い合わせください。0278-22-5052受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら