肺がんドック 料金11,000円(税込)

低被ばくCTによる診断で、肺がんの早期発見を

 2016年の統計では、日本人の肺がん死亡者は約5万2千人と言われ、男性ではがん死亡原因の1位、女性でも大腸がんに次いで2位となっています。しかし無症状のうちに検診を受診し、早期のうちに治療できれば約7割が治るという報告もあります。

 通常の胸部レントゲン検査では心臓の影に隠れて見えない場所もあり、早期の肺がんの発見には限界があります。しかしCT撮影では、非常に薄い断面の肺の画像が得られ、その診断精度は格段に向上します。また検査も非常に簡単で5分程度で行えます。

このような方におすすめ

  • 喫煙される方、特に喫煙指数(一日喫煙本数×喫煙年数)が400以上の方(肺がんのハイリスクグループとされます)
  • 肺がんの家族歴がある方(肺がんになる危険性が2倍と報告があります)
  • ご自身は喫煙していなくても、受動喫煙が気になる方など

検査項目(1項目)

胸部CT

胸部の断面を撮影し、肺がんその他の肺疾患の有無を調べます。

当グループは「肺がんCT検診認定機構」の認定技師が在籍し、「日本CT検診学会」の推奨に基づいて、最低限のX線線量でCT撮影を行っております。最小の被ばくで、安心してCT検査をお受けいただけるよう精度管理に務めております。

症例画像

早期肺がんのCT画像(赤丸部分):左の肺に約2cmの淡い陰影が認められる。早期の肺がん症例で、レントゲンでは検出できない非常に淡い陰影である。

お申し込みについて

お申し込み
完全予約制です。お電話・受付窓口でお申し込み下さい。
ドック当日
受付窓口までお越し下さい。ご不明な点があればお問い合わせ下さい。
結果送付
ドックの結果は約2~3週間でお送りします。

その他のドック

一般人間ドック

 私たち人間のからだは日々変化していますので、以前の検査では異常がなかった方でも、1年に1回程度は人間ドックによる総合的な健康チェックを受けて、ご自身の健康状態を知っておくことをお勧めいたします。

詳しくはこちら
脳ドック

脳ドックで、脳と脳の血管に異常がないかをよく調べておくことが重要です。MRI検査は、約30分寝ているだけで脳の断面や脳血管を見ることができます。

詳しくはこちら
心臓ドック

心臓ドックでは、この冠動脈をMRIで撮影します(冠動脈MRA検査)。造影剤・放射線被ばくもなく、撮影を行うことが可能です。また心臓の動き・大きさ・弁の状態なども同時に観察します。検査は60分ほどかかります。

詳しくはこちら
すい臓MRIドック

MRIでは様々な断面の画像に加え、胆管・膵管撮影(MRCP)も行います。膵管はすい臓の中を通る非常に細い管で、すい臓がんでは実に95%以上で膵管像に異常があったと報告されており、MRCPは非常に有用な検査法です。

詳しくはこちら
前立腺MRIドック

前立腺がんの診断には採血で行えるPSAという腫瘍マーカーが有用です。MRIではそれに加え腫瘍の大きさや場所、また排尿障害などを引き起こす「前立腺肥大症」の診断も同時に行えます。MRI検査は約30分寝ているだけで行えます。

詳しくはこちら
特定健康診査・特定保健指導

当院では、 生活習慣病の予防・改善のためメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健康診査・保健指導を実施しています。

詳しくはこちら
よくある質問

よくある質問を紹介しています。

詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。0279-68-5211受付時間 9:00-17:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら