セラピスト 教育体制

新人教育プログラム

入職後1年間は経験3年目以上の職員がプリセプタ-(指導者)としてマンツーマンでの業務の指導・相談を行います。指導者を固定することで、新入職員の個々のレベルに合わせた指導やフォローを行っています。

月5~6回を目安に急性期リハビリテーションに関する勉強会を開催し、治療の土台となる基礎知識の習得を徹底しています。
その他に、症例検討会を週1回開催することで臨床の疑問をグループワークで解決し、外部研修では他部署での患者様との関わりを学びチームアプローチの基盤を築くことを目的とします。

主な研修、制度等

  • 入職時オリエンテーション
  • 部門研究会
  • プリセプター制度
  • 外部研修(入職時)
  • 症例検討会(週1回)
  • 新人症例検討会
  • ジョブローテーション
  • 臨床研究研修(2年目)

新人研修プログラム一覧(3職種合同)

  • 移乗などの運動誘導について
  • バイタルサインの計測方法について
  • 感染症について
  • リスク管理について
  • 診療報酬について
  • 運動制御理論について
  • 脳卒中リハビリについて
  • 脳画像の基礎知識
  • 高次脳機能障害の基礎知識
  • 超急性期リハビリについて
  • 3F病棟での看護
  • 2F病棟での看護
  • 屋外歩行について
  • 臨床研究について
  • 姿勢制御・バランスについて
  • 老年症候群の基礎知識
  • 介護保険、周辺病院・施設について
  • 臨床評価指標のが医用と使用法の解説
  • 腎臓リハビリテーションについて
  • 外来リハビリについて

   etc…

※令和元年度実績

各種認定資格の取得

より質の高いリハビリテーションの提供を目標に、関連性の高い各種認定資格の取得にも力を入れております。
資格取得を促すことで、より専門的なリハビリテーションの継続や院内スタッフへの指導を行っています。

各種資格取得者数 一覧(令和2年4月現在)
認定理学療法士(神経系)3名
認定理学療法士(循環器)1名
認定理学療法士(呼吸)1名
認定理学療法士(地域)1名
認定理学療法士(褥瘡・創傷ケア)1名
心臓リハビリテーション指導士6名
呼吸療法認定士25名
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士2名
認定褥瘡理学療法士1名
認知症ケア専門士5名
認定訪問療法士1名
介護支援専門員(ケアマネジャー)6名