理念

  • 温かい心と優しい笑顔で質の高い介護サービスを提供します。
  • 利用者様を尊重し、地域の方から信頼され続ける事業所を目指します。

管理者あいさつ

 ぬまたとね総合在宅ケアセンターは平成12年に一般型デイサービスを戸鹿野町に開設し、平成18年には認知症対応型デイサービス、平成30年には群馬県内初となる言語障害に特化した失語症デイを開設してきました。
 現在、3種類のデイサービスをリハビリ特化型は“尾瀬”、失語症デイは“やまびこ”、認知症対応型は“谷川”とそれぞれの愛称を用いて運営しております。これらのデイサービスの利用を通じて利用者様やご家族様のニーズに合わせたサービスの提供、また住み慣れた地域で自分らしい暮らしが行えるような支援を心掛けて取り組んでおります。
 私もこちらに就任する前は関連医療機関にてリハビリテーション(理学療法士)の仕事をしておりました。そこで培った知識や技術・経験を最大限に生かし、利用者様と触れ合い、利用者様やご家族様のニーズへ十分に答えられるよう、また身体機能・脳機能のリハビリテーションを充実させ、「その人らしさ」を導き出せるようにサービスの提供を行っていきます。
 介護についてのお悩みやご相談などがございましたら、是非お気軽にお問合せ下さい。職員一同、利用者様やご家族様に寄り添い、笑顔あふれる地域、社会づくりに貢献できるよう目指します。

管理者  町田 光