理念

  • その人の思いを大切にし、その人らしく生きる姿を支え続けます。
  • その人ができることに着目し、活躍の場を提供します。
  • 医療機関との連携を図り、健康管理に十分配慮します。
  • 自然にふれ合い、地域社会の中での交流を大切にします。

管理者あいさつ

 

 みんなの家なかんじょは、平成19年に開設し11年を迎えます。これも地域の皆様のご協力あってのことと深く感謝申し上げます。

 当事業所(地域密着型デイサービス、グループホーム、共用型認知症デイサービス、居宅介護支援事業所)は「その人らしさ」を大切にし、その人のできる事に着目して一人ひとりが輝けるよう職員は陰のサポート役として支援させていただいております。商店街などの立地環境を存分に活用しながら「今日を大切に」を常に心がけ、ご利用者の気持ちを大切に考え、日々の生活に外出や買い物を採り入れながら住み慣れた地域の中でふれあい充実した生活を営んでもらうよう心掛けています。

 環境づくりにおいては、住居であることを念頭に共用スペースを自力動作が増えるような空間作りにし、ソファや炬燵を設置、居心地よく過ごすことのできる交流の場所を提供しております。更にご利用者は自分の居室らしく飾りや家具を配置し訪れたご家族を迎え入れ会話等されています。

 デイサービスとグループホームの交流も多くあり、共に住み慣れた地域とつながっているという安心の中で生活出来る様取り組んでいます。

 前任者の方針を引き継ぎ、理念である「その人らしさ」を尊重し、全職員で信頼される事業所として認められるよう努力して参りますので、今後とも宜しくお願いいたします。

管理者  堤 春彦