看護理念

  • あたたかい心で質の高い看護を実践します。

看護方針

  • 脳と心臓の専門病院として地域の人たちに信頼される看護を提供します。
  • 地域の医療・介護と連携した看護を提供します。
  • 思いやりのある看護を提供できる組織文化を形成します。
  • 患者の権利を尊重した看護を提供します。
  • 科学的根拠に基づいた安全な看護を提供します。

看護体制

  • 7対1入院基本料<急性期一般入院料1>
  • チーム・ナーシング制
  • 16対1看護職員夜間配置加算(三交代制)
  • 25対1急性期看護補助体制加算(看護補助者5割以上)
  • 夜間50対1急性期看護補助体制加算

副院長兼看護部長 阿部 孝造

看護部長

 当院では、脳と心臓疾患を中心とする急性期医療を担う職員の育成を課題とし、「すべては地域のために」をスローガンに、北毛地域の人々の支えになることを目指しています。
 看護部では、「あたたかい心で質の高い看護を実践します」を理念に掲げ、患者・家族に対し心のこもった看護が提供できるよう日々努力しています。
 看護師として自己成長するためには、専門知識や技術の修得だけではなく、心豊かで優しい人となるような成長支援が必要です。
 当院では、教育体制の充実、24時間院内保育設備、ワーク・ライフ・バランス推進、メンタルヘルス支援等を積極的に進め、看護師が自己成長できるよう支援に力を入れ、魅力ある職場づくりにも取り組んでいます。