KONICA MINOLTA (カセッテ型DR:AeroDR1417 画像診断ワークステーション:CS-7)

AeroDR1417 cs-7 

 

 平成26年11月より沼田脳神経外科循環器科病院では、コニカミノルタ社製の カセッテ型DR:Aero DR 1417(画像診断ワークステーション:CS-7)を導入し、外来や病棟患者様だけでなく、人間ドックを受けられる方へのエックス撮影(レントゲン撮影)を行っています。

 従来使用していたCRシステムに比べ、カセッテ型DRシステムは高画質、低被曝で撮影でき、無線で撮影した画像をすぐに確認できます。また、病棟や手術後のポータブル撮影にも同様のカセッテ型DRシステムを用いているため、その場で画像を確認することが可能となりました。