直前の出来事を忘れてしまい、また脳の機能も落ちているため満腹感も感じづらいです。そのためいくら説明しても理解は難しく、「さっき食べたでしょ・まだ何時でご飯の時間じゃないよ」と叱っては逆効果です。

 「記憶にないことは行っていない・知らない」ため、本人の中では「ご飯はまだ食べていない」と本気で思い込んでいます。そのため叱ってしまうと「なんで私だけご飯を食べさせてくれないのか・いじめを受けている」などと、考えてしまいます。

 このような場合には、「今準備しているから、先にこれでも食べててね」と言って、フルーツなどを出すのが良いでしょう。また食べ過ぎが気になる時は、一食分の食事量をあらかじめ減らしておいて、残りをおにぎりなどにして出すのも良いでしょう。

 その他にも、夜中に食べ物を探して冷蔵庫をあさるような場合は、あえてすぐ見つかる場所に簡単に食べられるものを置いておくのも良いかもしれません。