居宅介護支援とは

 介護を必要とする方に対して、その方の状況にあった介護保険サービスを利用する計画(ケアプラン)を立てるとともに、提供されたサービスが適切に実施されるよう介護事業所との連絡調整などを行うサービスです。


居宅介護支援サービスの流れ

1.居宅介護支援事業者との契約
  1. 居宅サービス計画(ケアプラン)(※)作成依頼を受け付けます
  2. 重要事項を説明し、契約を締結します
  3. お住まいの市町村(保険者)へ「居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書」を提出します
2.現況・現状の把握とケアプラン原案の作成
  1. 介護支援専門員は利用者様やご家族様の状態の把握に努めます
  2. 課題を分析し、ご希望を伺いながら利用したいサービスを選定します
  3. サービスの組み立てとサービス事業者の調整を行いケアプランの原案を作成します
3.サービス担当者と話し合い
  1. ケアプランの原案に位置づけられたサービス提供事業者の担当者が一同にに会して行う「サービス担当者会議」を実施します
  2. 利用者様やご家族様と共に希望に沿った内容を確定していきます
  3. その後、ケアプラン案の説明を行い、同意をいただきます
4.居宅サービス事業者との契約
  1. ケアプランに基づき、利用されるサービス提供事業所より説明を受け契約します
5.サービスの実施と実施状況の把握
  1. 実際にサービスが実施されます
  2. 実施状況を確認しながら、必要に応じてサービス内容や回数の変更等を相談します

※居宅サービス計画(ケアプラン)
 居宅において、どのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。ケアプランを作成することにより、効率的な在宅サービス利用ができるようになります。


電話相談を受け付けております。

 介護支援専門員(ケアマネジャー)が、介護保険利用の為の必要な手続き・サポートを行います。介護保険 ・ 要介護認定 ・ ケアプラン ・ 介護用品 ・ 住宅改修のことなど、何でもご相談に応じます。お気軽に下記までお電話ください。(相談費用はかかりません)

相談日
月曜日~土曜日
相談時間
8:30~17:30

介護保険の居宅介護支援業務契約者には上記時間外(休日夜間等)でも相談をお受けします。

お気軽にお問い合わせください。0278-22-1040受付時間 9:00-17:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら